屋上緑化ならウッディーグリーンで、全て解決!

ウッディーグリーンについて

ウッディーグリーンの原材料は、全て木質廃材・間伐材を利用しているため、不要になった場合もリサイクル可能な地球に優しいつくりになっています。また、建物の屋上で緑を育てる、という面で問題になってくるのが、土の重さや水などの建物への負担。ウッディーグリーン緑化育成基盤材なら、1mあたり15キロ程度と非常に軽く、設置方法も置くだけなので簡単に敷設することが出来ます。

屋上緑化

現在の日本では、都心部の森林や緑の減少が問題視されており、それによる地球温暖化や建造物の老朽化など、様々な場所で弊害が報告されています。そんな中、都心にあふれる建物の屋上を利用した、屋上緑化による環境への配慮が注目されています。東京都では2001年4月より、一定の条件以上の敷地における建築物の建設・増築について、その敷地内(建築物上を含む)への緑化を義務付ける条例を発表しています。また、地方自治体でも助成金などの屋上緑化への積極的な姿勢がみられるようになり、注目を集めています。

木質成型舗装材ウィードロック

ウィードロックは、通常のコンクリートやアスファルトと違い、100%木質でできた高品質木質成形型景観舗装材のブロックです。従来の、ウッドチップを工業用接着剤でかためたものと違い、接着剤も木粉や樹皮から生成したものを使用しています。全て木質廃材・間伐材を利用しているため、不要になった場合もリサイクル可能な地球に優しいつくりになっています。

Copyright(c) 2015 tokiwakogyo Inc. All Rights Reserved.